あまへそ本の大島ロケ余話

さて、先日発売された、あまのじゃくとへそまがりさんの作品集。 すごい技巧で生み出された革の生き物たち、やたらガタイの良い謎のフランス人モデル、全編にわたり有能極まりない人々が全力でふざけている感…なかなか強烈な中身だったのではないでしょうか…

あまへそ本、出ます!

もはや生き物屋界隈では有名作家となっている、あまのじゃくとへそまがりさん。手縫いの革細工で、マニアックな生き物を生み出し続ける超個性派クリエイターです。 文章では説明しきれないので、とりあえず、以下のHPで作品をご覧ください。すごいから。 あ…

ブンイチフェア、始まりました

先日よりお知らせしていたブンイチフェア、スタートしました。 今朝、本が届きましたので、 えいっと並べました。 このへんは、今の季節に特に役立つ本ですね。 皆越ようせい先生の「落ち葉の下の小さな生き物ハンドブック」。最近出たばかりの本です。 今ま…

「日本のレトロびん」が入荷しました

日本の古いガラスびんを集めている人なら誰もが知っているであろう、平成ボトル倶楽部(略称HBC)さん。ボトルディギングの楽しさ、古いガラスの面白さを伝えるこのブログは、びん好きを虜にします。 heiseibot.exblog.jp 店主もガラスにはまり始めのころか…

「ハンミョウの生物学」が入荷しました

東海大学出版部の新刊です。 ハンミョウの生物学―ハンミョウ類の生態・進化・多様性. デイビッド L. ピアソン,アルフリート P. ボグラー著/ 堀道雄・佐藤綾訳. これはすごい本です! ホントにすごい。何はともあれ目次をご覧ください。 序文日本語版への…

日本のクモ 増補改訂版が入荷しました

ビギナーからベテランまで、クモ屋さんの間で必携の書とされていた、文一総合出版の「ネイチャーガイド 日本のクモ」。このたび、旧版よりさらにパワーアップした増補改訂版が出版されました。 新たに20種を追加し、計598種のクモを掲載しています。また、近…

「わくわく昆虫記 憧れの虫たち」入荷しました

今年は自然科学系の本の当たり年ですね。魅力的な新刊が続々と出版され、生き物好きにとっては実り多き年と言えそうです。 先日、「だから昆虫は面白い」をご紹介しましたが、その丸山宗利先生の著作が新たに入荷しました。 「わくわく昆虫記 憧れの虫たち」…

「だから昆虫は面白い」入荷しました

丸山宗利先生の新刊、「だから昆虫は面白い くらべて際立つ多様性」が入荷しました。 本書は以下の3章に分かれており、それぞれに魅力的な昆虫の写真が満載です。 第1章 こわい・すごい・珍奇な虫 第2章 アリ・シロアリ・それらの共生者 第3章 きれいな虫・…

日本の豆・鳴く虫ハンドブック販売中です

お手ごろ価格で楽しいハンドブックを続々と出してくる文一総合出版さん。最近出たタイトルをご紹介します。 日本の豆ハンドブック。 日本在来の豆を約200種ほど取り上げ、見やすい白バック写真で図示し、その来歴について解説した本。多種多様な形、色、模様…

メメントモリ・ジャーニー、入荷しました

メレ山メレ子さんの待望の新刊、「メメントモリ・ジャーニー」が入荷しました。 ウェブマガジン「あき地」での連載に大幅加筆し書き下ろしを追加したほか、凝った装丁(ホントに素晴らしい!)と可愛らしいイラストが目を惹きます。他の書店様に先んじて、う…

大阪自然史博のミュージアムグッズが入荷しました

自然好きなら一度は訪れたい、いや、一度ならず訪れたい大阪市立自然史博物館。 その自然史博のグッズを、うみねこ博物堂でも販売することになりました。 カモメの卵と、ひっつきむし付箋。ひっつきむしはオオオナモミとライオンゴロシです。 ヒグマとイノシ…

本棚増やしました

古書がいよいよ収まりきらなくなり、先週、本棚をひと棹追加しました。主に昆虫関係の古書を収めてあります。 沖縄昆虫野外観察図鑑のセット。 文一総合出版さんの日本の昆虫全14巻。 UP BIOLOGYシリーズも少々。 小学館の図鑑。 店主のおすすめはこちら。「…

可愛い豆本

こんばんは。小物の紹介を紹介するときにはたいてい「可愛い」しか言わないと評判のうみねこ店主です。 うーん、いい年した男が可愛い可愛い言ってると確かに気持ち悪い。 でも仕方ないじゃん、本当に可愛いんだもの。(じゃんって言うな) さて、恐ろしく内…

クルピカ! アニメマシンと、おばけの話

「泣きながら食パンを食べる幽霊」というキャラクターがいます。 見ての通り、幽霊が泣きながら食パンを食べています。そのまんまですね。 他にもおかしな絵柄があり、ひよこまめ雑貨店の隠れた人気商品です。現在、木更津のカフェmaroneさんと、東林間の海…

世界甲虫大図鑑、入りました

各方面で話題の「世界甲虫大図鑑」が入荷しました。 初見の印象は、「分厚い!」「これでホントに6500円!?(安すぎないか…?)」 というものでした。このボリュームでこの低価格を実現した東京書籍さんには拍手を送りたいです。 『The Book of Beetles』と…

昆虫学徒必携の書

こんばんは。昆虫学を志す人を応援したいうみねこ博物堂です。 昆虫の勉強をするにあたり、間違いなく役に立つ本がいくつか入荷しています。 平嶋先生の昆虫分類学。 前半の総論の部分が重要なのは言うまでもありませんが、昆虫のすべての目(カカトアルキは…

進捗

先日仕入れた鉱物に値段をつけ、仮の陳列をしてみました。 蛍石や方解石はどの色も美味しそうで大好きです。これって絶対ソーダ味だよな…こっちはみかん味だな…なんて思いながら眺めています。ちなみに天青石はホールズのオーシャンブルー味でしょうね、そう…

カタゾウムシ展に行ってきた

現在、千葉県立中央博物館では、「おしゃれ虫 カタゾウムシ」展が行われています。 もともと九州大学総合研究博物館で行われていた展示が、千葉にもやってきたのです。カタゾウムシファンとしてこれは絶対に見逃せない! というわけで行ってきました。 ポス…