テントウムシのドミノ

啓蟄も過ぎ、少しずつ日差しが暖かくなってきました。冬眠していた虫たちも動き出す季節です。 こちらはテントウムシの形をしたドミノ。IRISAというチェコの会社が作った製品です。1985年の刻印が捺してあるので、当時はチェコスロバキア社会主義共和国です…

ツノゼミ入荷しました

世界には名前がついているものだけでも100万種くらい昆虫がいますが、その中でも極め付きの奇虫がツノゼミでしょう。 まずはこちら、変てこなツノゼミの代表格たるヨツコブツノゼミ。 海外の昆虫を扱った本にはたいてい載っている有名種です。この突起で一体…

「ハンミョウの生物学」が入荷しました

東海大学出版部の新刊です。 ハンミョウの生物学―ハンミョウ類の生態・進化・多様性. デイビッド L. ピアソン,アルフリート P. ボグラー著/ 堀道雄・佐藤綾訳. これはすごい本です! ホントにすごい。何はともあれ目次をご覧ください。 序文日本語版への…

日本のクモ 増補改訂版が入荷しました

ビギナーからベテランまで、クモ屋さんの間で必携の書とされていた、文一総合出版の「ネイチャーガイド 日本のクモ」。このたび、旧版よりさらにパワーアップした増補改訂版が出版されました。 新たに20種を追加し、計598種のクモを掲載しています。また、近…

アイスの袋たち

あまり売れないのにガラスばっかり無駄に集めてると言われているうみねこ博物堂ですが、そんなことないですよ! 大丈夫です。最近は紙ものも少しずつ仕入れていますから!(論点のすり替え) 最近のお気に入りはアイスの袋です。ぺらぺらの薄い紙袋で、多く…

モアの頭骨レプリカ

うみねこ博物堂の窓際の棚で、ひと際異彩を放っているモアの骨のレプリカ。少なくとも150年以上前にフランスで作られた年代物です。 椎骨の部分が入荷した時の記事がこちら。 hakubutsudo.hatenablog.com そして先日、ついにご本尊とでも呼ぶべきものがやっ…

WHWブローチ入荷

ドイツの冬季援助活動と、その褒賞品となった小物たちについては以前紹介しました。 hakubutsudo.hatenablog.com その後、鳥や蝶、蛾などのブローチが入ってきましたのでご紹介します。 陶器の鳥たち。 虫たち。 70年以上前のものなので裏側の金具の出来など…

はくせいの本、再入荷

「はくせいの本 鳥編」が入荷しました。(注:2/17現在、黒と紺のみ) 日本国内では数少ないプロの標本士、相川稔さんによる手作りの豆本で、鳥の剥製の作り方の指南書です。高さ78mm、幅55m、厚さ21mm(外函の大きさ)。千代紙の装丁がとても可愛らしい! …

お世話になりました

早いもので、もう2016年も過ぎ去ろうとしています。 今年の5月26日に開店してから、約半年が経ちました。それまでの経緯についてはこちらの記事で回顧しているので今回は省略しますが、ともかく個人的には激動というか、大きな転換点となった2016年でありま…

仕事納め

本日は2016年最後の営業日でした。明日から1月5日まで、年末年始のお休みをいただきます。その期間中お店は休んでいますが、通販はできるだけ(発送できるのはお店に寄るときだけですが)対応いたしますので、ぜひご注文下さいませ。 オープンしてからたった…

STUDIO SAIZUさんのタテハチョウクリアファイル

大阪自然史フェスティバルで好評を博し、当店でも大人気のタテハチョウ科クリアファイル。STUDIO SAIZUさんの新作です。ファイルの表と裏に、チョウの表裏がそれぞれ実物大で描かれています。 STUDIO SAIZUさんの凄いところは、原画も標本と同じサイズで描い…

お拾いものさんのモバイルバッテリー、新柄入荷!

ここ最近、素敵な虫モチーフアイテムを続々出しているお拾いものさんから、可愛らしい新作が届きました! ルリシジミ柄のモバイルバッテリーです。 ブルーの翅が涼しげです。 性能に関しては、先日入荷したヤママユやアオバハゴロモ柄のと同じです。USB出力…

動画で振り返る昆大

昆虫大学の運営大臣で工作大臣で映像大臣のタカイヒロシさんが、昆虫大学2016の模様をまとめた動画を作ってくれました! 仕事早いなー。 youtu.be いやー、みんな良い笑顔ですね。ほんと楽しそう。最後のあたりでなんか涙出てきた…。 動画をまとめたタカイさ…

昆虫大学2016、閉幕

17、18日と二日間にわたって行われた昆虫大学、無事に幕を下ろしました。月並みですが本当にあっという間で、めちゃくちゃに楽しい時を過ごすことができました。 最初に謝ってしまいますが、会場内の写真は全然撮ってませんでしたごめんなさい! 楽しすぎて…

お拾いものさんのぽち袋が入荷しました

先日素敵なスマホケースを納品して下さったお拾いものさんから、またまた可愛い新作が届きました。3枚セットのぽち袋です。ヤママユガセットと、カメムシ目セットの2種類があります。 ヤママユ柄はちょっとずつ配置の異なる3枚セット。 そして可愛さMAXのカ…

奥村巴菜さんのバッグが入荷しました

何件かお問い合わせを頂いていた、奥村さんのランチバッグとトートが再入荷しました! まずはランチバッグ。このように平らにした状態で幅35cmくらいです。 まちは17cmくらいで、大きなお弁当箱もゆったり入ります。しっかりした厚手の布地です。 こちらは「…

昆虫大学2016in横浜に出店します

昆虫大学、というイベントがあります。 konchuuniv2016.strikingly.com メレ山メレ子さん主催の不定期開催イベントで、作家、芸術家、研究者、何をやってるか分からないけどとにかく虫が好きでしょうがない人、などが集結して虫の楽しさを分かち合うごった煮…

【お知らせ】ご注文確定メールが届かない件について

【お客様へお知らせ】 先日、クリスマス電球2点をご注文下さった東京のS様、とある貝の入荷についてお問い合わせくださったW様、こちらからのメールは届いておりますでしょうか。一度お返事を頂ければ幸いです。 以下、うみねこ通販でお買い物(およびお問い…

お拾いものさんのスマホカバーが入荷しました

リアルで可愛いカメムシはんこを置いて下さっているお拾いものさんから、新商品が届きました。手帳型のスマホカバーです。 か、可愛さMAX…!!(吐血 お拾いものさんのむし愛があふれまくってますね~。 ちなみにS、M、Lの3サイズ展開です。 粘着シートでス…

ノスタルジック・クリスマス(2)

前回に引き続き、クリスマス飾りのご紹介です。 今回はクリスマス電球。前回のものよりも時代はさらにさかのぼり、昭和20年代に作られたものです。 これらの電球は、かつて日本の一大産業でした。戦前から作られていましたが、北米への輸出が本格化したのは…

ノスタルジック・クリスマス(1)

11月も終わりに近づき、世間ではクリスマスムードが高まってきました。この時期になると山下達郎やワムやジョンレノンらの声が街にあふれ、うみねこ店主としては前職の繁忙期の記憶がフラッシュバックするので微妙な気持ちになります…。 うみねこ博物堂では…

ブリキの小物

たまには虫とガラスびん以外の古いものも…。 今日はブリキです。 ブリキのおもちゃにはプレミアがついてとんでもなく高価なものもありますが、当店はそうしたものは不得手なので、駄玩具と言ってよさそうな小物ばかりを扱っています。小さくて可愛らしいもの…

カタゾウ速報

こんばんは。最近はすっかりカタゾウムシ屋と化しているうみねこ博物堂です。 先日フィリピン便が到着し、目新しいところから大急ぎで標本を仕上げました。一部ですが以下に紹介します。 これは定番のP. orbifer。写真ではわかりにくいですがキラキラとラメ…

古いガラスいろいろ

日本の古いガラス製品がいくつか入荷しています。 金魚のゼリー型。分厚いガラスで、気泡がたくさん入っています。大正~昭和初期のものと思われます。 ガラスの海綿入れ。これも分厚い、とろとろのガラスです。気泡どころか不純物もけっこう入っていて、良…

いわしスプーンの販売を始めました

何はともあれこちらをご覧ください。 イワシ…ですね…。 このスプーンを製作したのはイワシ金属化さんという作家さんで、その屋号の通り、合金でさまざまな海産物を作っておられます。その作品はどれも超リアル。デザフェスや博物ふぇすに出展されているので…

通販始めました

やるやる詐欺になりかけていた通信販売、始めてみました。 うみねこ博物堂 (←通販ページのトップに飛びます) 今のところ、お支払い方法は先払いの銀行振り込みだけで、クレジットカードはご利用いただけません。ごめんなさい。まだ商品の数は100にも満たな…

手作りはたのし(3)

工作に使えるもの特集、さすがに今回で最終回です。 使い途をなるべく併記しておりますが、もちろんご自由にお使いください。 チェコのガラスボタンは以前もご紹介しましたが、他にも100年ほど前に英国で大流行した黒いガラスボタンもあります。 1861年に…

手作りはたのし(2)

手作り特集第2弾は、人気のレジン工作に使えそうなものを中心にご紹介いたしましょう。 まずは、ラベルに「ダイヤ粉」「マキヱ粉」とある金属ラメ。 ダイヤ粉は現代もののラメと違って、ラメの形が均一でないのが特徴。レジンに封入したら面白いのではないで…

手作りはたのし(1)

秋も深まってまいりました。芸術の秋です。 いらすとや=サンもそう言ってます。 「芸術の秋」のイラスト文字 | かわいいフリー素材集 いらすとや うみねこ博物堂には工作に使えそうな物がいろいろありますので、思いつくままにご紹介いたします。 まずは、コ…

時代の証人

古物を扱っていると、時代の証人というべきものに出会うことがあります。 例えばこの「WHW」と刻印された小さなハーモニカ。ドイツ製です。 「WHW」とは、Winterhilfswerk(冬季援助活動)の略で、もともと、ワイマール共和政時代に始まった市民活動でした。…