読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメントモリ・ジャーニー、入荷しました

メレ山メレ子さんの待望の新刊、「メメントモリ・ジャーニー」が入荷しました。 ウェブマガジン「あき地」での連載に大幅加筆し書き下ろしを追加したほか、凝った装丁(ホントに素晴らしい!)と可愛らしいイラストが目を惹きます。他の書店様に先んじて、う…

大阪自然史博のミュージアムグッズが入荷しました

自然好きなら一度は訪れたい、いや、一度ならず訪れたい大阪市立自然史博物館。 その自然史博のグッズを、うみねこ博物堂でも販売することになりました。 カモメの卵と、ひっつきむし付箋。ひっつきむしはオオオナモミとライオンゴロシです。 ヒグマとイノシ…

おぴんぴんおじさんのピンセットが入荷しました

良い仕事は良いピンセットから生まれる。古事記にもそう書かれている。 …かどうかは知りませんが、細かい作業をする際には精密なピンセットが必要不可欠です。しかしながら、安くて良いピンセットを手に入れるのはそれほど簡単ではありません。安物は先端が…

おさかな食器数点

前回に引き続き、古いもののご紹介です。今日は食器を取り上げてみたいと思います。 気の抜けた鯛の小皿。製造時のちょっとしたキズがありますが、それも味のうちということで…。 おさかながチューしてるカップ。キッシンググラミーに着想を得たのだろうか……

古いもの色々

こんばんは。最近は昆虫標本の紹介ばかりだったので、時には古物も取り上げてみたいと思います。 戦前の縫い針。なんて可愛らしいパッケージ! ブリキの空き缶をリサイクルして作られた、小さな金魚の笛。 オシドリの箸置き。微妙な表情ですね…。じわじわく…

営業部長観察日記

こんばんは。店舗はペット禁止なので、仕方なく虫の飼育にとどめているうみねこ博物堂です。 先日アゲハのいもむしを拉致してきてレジカウンターで飼い始めたところ、思いのほかお客様に好評でした。「可愛い、可愛い」とみんなに褒められるので、名前は「営…

みのじさんの生き物グッズ、入荷しました(2)

みのじさんの生き物グッズ、前回は布もののご紹介でしたが、今回は机の周りで使えそうなものを。 新作のクリアファイル。日本の虫が盛りだくさんです。(表と裏) 白い紙を入れると、色鮮やかな虫たちがビシッと浮き上がります。 こちらはカメと両生類。あふ…

鉱物新着

鉱物がいくつか、新たに入荷しています。 品切れしていた天青石は、大小合わせて5点入りました。どれも質の良い標本です。淡い水色が涼しげですね。 蛍石はスペインのものをいくつか仕入れました。 いずれも小ぶりですが綺麗なものです。ルーペで拡大して楽…

みのじさんの生き物グッズ、入荷しました(1)

こんばんは。小さいころからダンゴムシが大好きで、子供時代はよくバケツに大量のダンゴムシを集めていた(と親から聞いている)うみねこ店主です。 今でこそバケツには集めなくなりましたが、今も気持ちとしてはそれくらいダンゴムシが大好きです。 さて本…

ハゴロモ追加

先日、東南アジアのテングビワハゴロモを紹介しましたが、さらにインパクトのあるビワハゴロモが入荷しました。虫好きの子供ならだれもが憧れたであろうこの虫です。 開帳14cmほど。でかい。 その頭に付いているのは何なんだ、キミ! 小さいころに読んだ本に…

本棚増やしました

古書がいよいよ収まりきらなくなり、先週、本棚をひと棹追加しました。主に昆虫関係の古書を収めてあります。 沖縄昆虫野外観察図鑑のセット。 文一総合出版さんの日本の昆虫全14巻。 UP BIOLOGYシリーズも少々。 小学館の図鑑。 店主のおすすめはこちら。「…

満員御礼

博物ふぇすてぃばるは盛況のうちに無事終了しました。ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。うみねこ博物堂としては初参加だったのですが、予想をはるかに超える数のお客様にお越しいただきました。 特に初日は盛況で、開場直後はブースの周り…

博ふぇす商品:その他の甲虫

博物ふぇすてぃばる、いよいよ明日から開催です。我々はうみねこ博物堂&ひよこまめ雑貨店として、B-27ブースで出展します。楽しみです。 最後に追加で用意した甲虫標本を紹介します。 ニシキカワリタマムシ。 アクマニジダイコクコガネPhanaeus demon。 ヨ…

博ふぇす商品:カタゾウムシ(2)

先日の続き。今回はカタゾウムシ属Pachyrrhynchusの紹介です。以下のような虫を持って行きます。(一例です) なぜこんなにカタゾウムシを推すかというと、昆虫の多様性や美しさを直感的に認識するには絶好の材料だからです。かの地、フィリピンにはどれほど…

「それどこ」で雨宮さんに紹介して頂きました

ライターの雨宮まみさんが、うみねこ博物堂の紹介をして下さいました。 浅草のアンティーク百貨店でのお買い物の記事以来、雨宮さんのお買いもの連載は楽しみにしていたのですが、まさか自分のお店を取り上げて頂けるとは! それも褒め殺し度MAXのハイパー素…

マキバネコロギス

へんな虫が入荷しました。 パキスタンのマキバネコロギスという虫です。でかいです。 乾燥した地域に棲んでおり、いかにも砂の上を歩くのが得意そうな脚先をしています。 マキバネコロギスという名前は、この翅の形状からきています。くるりんと丸まっていて…

博ふぇす商品:その他のゾウムシ

こんばんは。今日も博ふぇす商品の紹介です。 カタゾウだけでは面白くないので、他の昆虫標本もいくつか用意しています。 例えばこれ。Entimus imperialisという南米のゾウムシです。 ルーペで見るとわかるのですが、体表のくぼみにきらきら輝く鱗片が収まっ…

博ふぇす商品:カタゾウムシ(1)

今回のうみねこブースの主役、カタゾウムシの標本。 カタゾウムシ(類)というと、丸山先生の本で取り上げられたPachyrrhynchus属が有名ですが、それに負けず劣らず繁栄しているグループがあります。それがMetapocyrtus属です。 フィリピンから200種以上が知…

博ふぇす商品:ベンテンウニ

昨年、いきもにあに持って行って好評だったウニを、博物ふぇすでも販売します。 ベンテンウニです。 個体変異が大きく、模様のパターンは様々で、一言でいうとすごく可愛い(そればっかり)。 こういう透明なケースに入れて販売します。壊れやすいウニ殻だけ…

博ふぇす商品:博物画(2)

前回からの続きです。博物ふぇすに持って行く図版を紹介します。 きのこ数種。 鉱物と卵と海のなにか(もっとマシな言い方をしろ)。 海のなにかは彩色がすごく綺麗なのでおすすめです! 鳥。ハシビロコウ様もいます。1枚だけですが。 ハシビロコウ様は言わ…

博ふぇす商品:博物画(1)

今月23日と24日、東京は九段下で博物ふぇすてぃばる! というイベントが行われます。年に一度行われる生き物好き、自然好きのためのお祭りで、それはもう盛り上がります。魅力的な品物が多すぎて、来場者は資金がいくらあっても足りず、会場を出るころには財…

ビワハゴロモ入荷しました

東南アジアのビワハゴロモが仕上がったので、ひと箱作りました。 頭部が伸びて、天狗様の鼻のよう。そして翅がきれい。 青いひと。 鼻先だけ青い。 昔話の鬼がこういうの持ってましたよね。 水玉! この個体だけは南米出身で、違ったグループに属しています…

可愛い豆本

こんばんは。小物の紹介を紹介するときにはたいてい「可愛い」しか言わないと評判のうみねこ店主です。 うーん、いい年した男が可愛い可愛い言ってると確かに気持ち悪い。 でも仕方ないじゃん、本当に可愛いんだもの。(じゃんって言うな) さて、恐ろしく内…

小鳥用

可愛らしい陶器が入荷しました。 小鳥の飼育に使う餌入れ(もしくは水入れ)です。直径は5cmくらい。器の後方に穴の開いたでっぱりがあり、棒を通すことで鳥かごの格子に固定できるようになっています。 昭和20年代くらいのもののようです。こういう「The☆雑…

クルピカ! アニメマシンと、おばけの話

「泣きながら食パンを食べる幽霊」というキャラクターがいます。 見ての通り、幽霊が泣きながら食パンを食べています。そのまんまですね。 他にもおかしな絵柄があり、ひよこまめ雑貨店の隠れた人気商品です。現在、木更津のカフェmaroneさんと、東林間の海…

エンボスが好き(1)

エンボスのあるびんが、ぽつぽつ入荷しております。 ガラスびんマニアは、総じてエンボスのあるびんが大好きです。古いびんを見つけると、文字や模様が刻まれていないかをまず確認するくらいです。 店主もご多分に漏れずエンボスバカなので、ついついそんな…

1年間

今年も既に半分が過ぎてしまいました。早いものです。 思えば、会社を辞めて雑貨屋をやろうという決意を固め、準備を始めたのは去年の今頃でありました。熟慮の末に決めたというわけでは全然なくて、楽しそうなことを思いついてしまったので即決、というよう…

マッチラベル有り〼

明治時代のマッチラベルがたくさん入荷しました。1枚300円から。 大箱のお徳用マッチはラベルも大きく、絵柄も立派なのがあります。 いずれも日本製で、主に海外への輸出用として製造されていたものです。生き物の絵柄を中心に揃えています。 ツバメ。 ウズ…

ガラスびん売場

今朝、ふと思い立って、ガラスびんを色ごとに並べてみました。 青いびん。 透明。 アクア。本来のガラスの色。 紫や緑。 茶びん。 茶色いびんはあまり人気がなく、ディギングで出ても、「ちぇ、また茶色か…」とかなんとか言われて放られてしまうことも多い、…

ゴミダマはいいぞ(2)

全国6000万人のゴミダマファンの皆さまこんばんは。 店主が暑苦しくゴミムシダマシを紹介する記事の第二回です。 6000万人のわりに前回の記事の反響は薄かったので、今回は粛々といきます。 Stipes sp. 陣笠ですね。 Prionotheca coronata. トゲトゲですね。…

ゴミダマはいいぞ(1)

ゴミダマとは甲虫屋が使う略称で、甲虫の中のゴミムシダマシ(科)というグループのことを指します。けっこう大きな分類群で、世界から約16,000種が知られています。 甲虫といえば、カブト、クワガタ、カミキリを筆頭に、人気のあるグループがたくさん存在し…

工房うむきさんの手ぬぐい、入荷しました

こんばんは。 暑い夏が迫っていますね、夏と言えば手ぬぐいですね!(枕が面倒くさくて出だしを端折りまくった例) 先日、素敵な手ぬぐいが入荷しました。工房うむきさんの江戸風博物図譜手ぬぐいです。全5種類。 崩し字虫尽くし。 日本の山椒魚。 日本の蝙…

世界甲虫大図鑑、入りました

各方面で話題の「世界甲虫大図鑑」が入荷しました。 初見の印象は、「分厚い!」「これでホントに6500円!?(安すぎないか…?)」 というものでした。このボリュームでこの低価格を実現した東京書籍さんには拍手を送りたいです。 『The Book of Beetles』と…

鳥の羽はじめました

鳥の羽、入りました。 お店に入ってすぐの壁に掛けてあります。 嫌がる鳥から無理やりむしった…わけではなく、自然に抜け落ちた飼育鳥の羽です。国内のちゃんとした施設から分けてもらったもので、紫外線で滅菌処理もしています。ごあんしんください。 左か…

昆虫学徒必携の書

こんばんは。昆虫学を志す人を応援したいうみねこ博物堂です。 昆虫の勉強をするにあたり、間違いなく役に立つ本がいくつか入荷しています。 平嶋先生の昆虫分類学。 前半の総論の部分が重要なのは言うまでもありませんが、昆虫のすべての目(カカトアルキは…

うみねこスタンプカード

うみねこ博物堂では、お買い物をしてくださったお客様に、スタンプカードをお渡ししています。 1000円分のお買いものごとに、はんこをひとつ捺します。 はんこが30個溜まると、1000円分のお買い物券をプレゼントいたします。 お買い物券は、近所の海福雑貨さ…

マニア向け(?)の箱

標本棚には、現在14箱のドイツ箱が収まっています。どなたでも自由に引き出してご覧いただけます。 人気のモルフォチョウや、 美しいとしか言いようのないトリバネアゲハ、 見る人を蒐集の泥沼に引きずり込むカタゾウムシなどが入っています。 先日、非虫屋…

蝶の箸置き

蝶の形をした箸置き。4個あります。1個500円。 顔をよく見てみましょう。 笑ってる。 君はチョウの顔じゃないね。きっとスズメだね。 可愛いチョウの箸置きでした。 入って正面の、白いキャビネットの中に収まっています。 売り切れてしまった際はご容赦くだ…

博物画追加しました

開店してからおよそ二週間が経ち、徐々に品薄のものも出てきました。中でも古い博物画は人気で、一時売場がずいぶん寂しくなってしまったので、本日16枚ほど投入しました。 店主お気に入りの一枚はこちら。エナガとシジュウカラの図版。 絵の下には学名では…

可愛い洗眼器

色々とおかしなものを並べているうみねこ博物堂ですが、お客様に「これ何?」と尋ねられることの多いものがこちらです。古いガラス製品を集めている方なら、骨董市などで見かけたことがあると思います。 主に欧米で使われていた洗眼器です。あちらではEye ba…

古いもの

うみねこ博物堂の、古物屋としての面。 昨日アップしたキャビネットの上段には、こういうものが入っています。 昼間は日差しに透かして見るのが楽しい窓際の棚。暗くなってからはスポットライトを当てます。これはこれで、良いものです。 地震が怖くて、つい…

営業中

オープンのお知らせからずいぶん日にちが経ってしまいました。ありがたいことに初日からたくさんのお客様に恵まれ、順調なスタートを切ることができました。 がいこつくん「いらっしゃいませ」 博物堂と名乗りつつも、古物の割合が当初の予定よりも高めにな…

開店!

5月26日、開店しました。 「ツイッター見て来ました!」と、初日から楽しみにして来て下さったお客様も多く、ひたすら感謝であります…。 まだ店内に商品は少ないですが、これからどしどし仕入れていく予定です。 ショーウィンドウの骸骨くんが目印です。 明…

26日(木)オープンです

お知らせです。 雑貨屋を始める! と公言し、このブログを書き始めてから約8か月。 やっとこの告知をできる日がやって来ました。 うみねこ博物堂、5月26日(木)午前11時より開店します。 場所はこちらです。 神奈川県相模原市南区相南1-2-2 メゾンド東林間101…

博物画いろいろ

オープンの日が迫ってまいりました。店舗の準備もいよいよ大詰めです。 なんだかんだで間に合わなかったことも多く、お客様にはたいへん申し訳ないのですが、そこは開店後に順次進めていくということで…ご容赦いただければ幸いです。 さて商品紹介です。 う…

うみねこ博物堂を一言で言うと

うみねこ博物堂がどんな店なのか、初めてお会いする人に一言で説明するのはなかなか難しいものがあります。店主の趣味を反映して、様々なものを詰め込んでいるからです。 改めて説明しますと、主力は昆虫、鉱物、植物の実や種、貝やウニや骨といった標本類で…

南の島の漂着種子

タネも良いものですね。 南の島の友人からこんなものが届きました。海岸に流れ着いた植物の種子たちです。 モダマ、シロツブ、ハスノミカズラ、サキシマスオウ、ククイなどなど…。 沖縄に自生しているものもありますが、はるか南方から海上を旅してきたもの…

ドイツの学校から

準備中のお店の壁を飾っている、ちょっと大きめの掛けもの(洋風の)。古そう。 かつてヨーロッパの学校で教材として使われていたものです。Insect, Insecte, Insecto, Insektと、4か国語で書かれています。それぞれ英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語…

日本の古いもの

こういうのも用意しています。 日本の古いものたち。 昔懐かしいもの…といっても、これらが使われていたのは私が生まれるはるか前です。なので、リアルに懐かしいのかと問われると困るのですが、こういう古いこまごまとしたものたちは大好きなのです。もしタ…

進捗

先日仕入れた鉱物に値段をつけ、仮の陳列をしてみました。 蛍石や方解石はどの色も美味しそうで大好きです。これって絶対ソーダ味だよな…こっちはみかん味だな…なんて思いながら眺めています。ちなみに天青石はホールズのオーシャンブルー味でしょうね、そう…