読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスタルジック・クリスマス(2)

前回に引き続き、クリスマス飾りのご紹介です。

今回はクリスマス電球。前回のものよりも時代はさらにさかのぼり、昭和20年代に作られたものです。

f:id:hakubutsudo:20161202135306j:plain

f:id:hakubutsudo:20161202140601j:plain

f:id:hakubutsudo:20161202140618j:plain

 

これらの電球は、かつて日本の一大産業でした。戦前から作られていましたが、北米への輸出が本格化したのは戦後、昭和20年代以降です。昭和40年代初頭にピークを迎え、その後は韓国や台湾の製品に押されて下降線をたどります。主に東京の品川周辺で、自宅と工場を兼ねているような零細メーカーが作っていたといいます。

 

電球本体はもちろん、彩色も手作業であったため、手作りならではの「ゆるい」味わいが魅力です。

インコいろいろ。

f:id:hakubutsudo:20161202135151j:plain

f:id:hakubutsudo:20161202135207j:plain

 

卵から顔を出しているひよこ。 

f:id:hakubutsudo:20161202191007j:plain

 

ちょっと怖いサンタさん。

f:id:hakubutsudo:20161202145444j:plain

 

鯛。漫画「動物のお医者さん」で、西根家の蔵から海産物系のクリスマス飾りが出てくるエピソードがありましたが、おそらくこの時代のものだったのでしょう。

f:id:hakubutsudo:20161202145525j:plain

 

とぼけたスノーマン。

f:id:hakubutsudo:20161202145655j:plain

 

琵琶だかマンドリンだか、そういう楽器を抱えたタヌキ。

f:id:hakubutsudo:20161202145727j:plain

 

前回ご紹介したオーナメントと同様、一度アメリカへ渡ったものの里帰り品です。製造から70年くらいは経っている貴重品。一部はうみねこ通販の古物カテゴリにも載せておりますので、ひと味ちがったクリスマスを演出したい方はぜひどうぞ。