読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オダサガ文化祭終了、次は…

12月5日のオダサガ文化祭、無事に終了しました。ご来場くださった皆様、まことにありがとうございました。

 

こんな感じのブースでした。手前がうみねこ博物堂。

f:id:hakubutsudo:20151206211822j:plain

 

ひよこまめ雑貨店。

f:id:hakubutsudo:20151206211836j:plain

 

 

私自身(いそはえとり)がイベントに出られるのは久しぶりでした。悩んだ末に、とにかく派手めの標本を多く持ち込みました。甲虫ではカタゾウムシ、ホウセキゾウムシなどの原色系のものや、先日紹介したウニ類、色とりどりの陸貝など。ご覧いただいた方には、きれいに塗ってあるわねえ、ということをよく言われました。自然のものとは思えないような色は、確かにインパクトがあったようです。「自然の色です」とPOPに書いておけばよかったかもしれません。

 

また、木の実も色々持っていきました。中でもライオンゴロシやバオバブの実は注目度が高く、多くの方に手に取っていただけました(売れませんでしたけど…)。身近なところではムクロジの実も用意したのですが、これはこれで話の種になりました。

 

これまでは千葉県からえっちらおっちら通っていたオダサガ文化祭ですが、今やもう地元です。交通費ゼロ! 歩いて15分ほどで納品できるのが嬉しかったです。

 

年に2回開催し、今回で第9回を数えるオダサガ文化祭。地元の作家さんを中心に、和気あいあいとした雰囲気に包まれたとても魅力的なイベントです。会場の準備や撤収も出展者全員でてきぱきと行われます。最後はみんなで記念撮影をして、拍手のなか終了。

 

 

 

素敵な人たちと一緒に楽しくお店を出せて、素晴らしい一日となりました。ある意味、お客さんより楽しんでいたような気がします。

 

次回のオダサガ文化祭は来年の6月を予定しています。今回来られなかった方もリピーターの方も、ぜひご来場くださいませ。またのお越しをお待ちしております。 

 

 

 

さて、オダサガ文化祭のあとは京都です! いきもにあです!

生き物系のアーティストや研究者が一堂に会し、物販あり講演ありのテンション高すぎるお祭りです。「ひよこまめ雑貨店」として生き物グッズや標本を販売します。

現在、ひよこまめさんはクルッタように商品を製作しています。

ブース詳細-ひよこまめ雑貨店

ここで紹介していない商品も多数ございます。いきもにあは12月12日(土)、13日(日)の二日間にわたり、京都市勧業館みやこめっせで行われます。ぜひお立ち寄りくださいませ。