お蚕さまのびん

お店にお蚕さまがやってきました。

f:id:hakubutsudo:20170625123949j:plain

お蚕さまは「家畜」なだけあって、昆虫らしい野性味がまるで感じられません。あまり歩き回ることもなく、日がな一日桑の葉をかじっています。優しく触れば抵抗もせず、つままれてもなお葉を食べていることもあります。飼育箱をレジカウンターに置いておいたら思った以上に人気で、お客様の視線を集めていました。

 

さて、当店にはお蚕さま関連の古物が以前からありました。それが「活桑器」と呼ばれるガラスびんです。

f:id:hakubutsudo:20170625143514j:plain

『実用新案第二三四七〇號 養蚕活桑器』

 

昭和10年代に、養蚕業界で「活桑育」という手法が注目された時期があり、その際に作られたものです。水に活けた新鮮な桑の枝葉で育てることで、蚕の病気を防げると考えられたからでした。しかし、じきに蚕の病気は葉の鮮度とは関わりがないことがわかり、活桑育は廃れてゆきます。それでも、その短い期間に数種類の活桑器が作られました。

f:id:hakubutsudo:20170625144230j:plain

『実用新案第二三三七六五號 金川式活桑育器』

 

f:id:hakubutsudo:20170625144444j:plain

『育蚕條桑水揚器 願第二三四七〇號』

 

形はさまざまですが、ゴムパッキンつきの蓋があり、水を満たしたびんに桑の枝を挿して使うものが多かったようです。

最近、奇跡的にパッキンが状態良く残っている活育器が入荷しました。古いものゆえゴムがガチガチに劣化しているのが常なので、これはかなり珍しいケースと言えます。せっかくですから使わない手はありません。

f:id:hakubutsudo:20170625145104j:plain

 

ゴムが柔らかい!

f:id:hakubutsudo:20170625145129j:plain

 

本来の使い方を試してみました。

f:id:hakubutsudo:20170625145236j:plain

廃れて久しい、びんによる活桑育が現代に復活した瞬間です!(ペット扱いの蚕だけど)

 

1頭だけですが、このお蚕さまは引き続きカウンターで飼育します。どうぞ見ていってください。

なお、活桑器のいくつかは通販にも載せています。よかったらこちらもどうぞ。

うみねこ通販ガラスびん

 

広告を非表示にする

いわしスプーン&フォーク、入荷しました

お待たせしました。しばらく品切れ状態だったいわしスプーンが入荷しました!

f:id:hakubutsudo:20170625175605j:plain

 

いつ見てもカッコイイ造形ですねー。これは本物のイワシの干物から型どりしているのです。リアルなのも頷けます。

f:id:hakubutsudo:20170625175700j:plain

指にぴったりとフィットするカーブが絶妙。イワシで食べるアイスクリームは格別ですよ!

 

そして、今回はいわしフォークも登場。

f:id:hakubutsudo:20170625180036j:plain

こちらは果物を食べるのにぴったり。リンゴとかね。…イワシでリンゴ……。

通販にも載せましたのでぜひどうぞ。置物の「甲殻類金属化」シリーズも超絶カッコいいのでおすすめです。どれも本物のカニやエビから型取りしており、本物ならではの迫力にあふれています。

うみねこ通販・イワシ金属化

 

 

甲虫標本追加しました

うみねこ通販の甲虫標本のコーナーに、30種類ほど追加しました。品切れしていた人気の虫も、一部補充しています。

f:id:hakubutsudo:20170623165547j:plain

f:id:hakubutsudo:20170623165615j:plain

f:id:hakubutsudo:20170623165636j:plain

店主は糞虫から虫を始めたので、どうしてもそのへんの虫が多くなります。

 

また、ここ数年はフトタマムシが好きなもので、やはり品揃えが偏ってきます。

これなんか、かなり良い標本ですよ。

f:id:hakubutsudo:20170623165737j:plain

 

ソコトラ島のJulodis clouetiもあります。珍品。しかも色が良い。

f:id:hakubutsudo:20170623165830j:plain

 

定番のニシキカワリタマムシも補充しときました。

f:id:hakubutsudo:20170623165915j:plain

実はこのタマムシ、裏側もきれいなんです。

f:id:hakubutsudo:20170623170009j:plain

 

カブトムシもちょっと追加。エレファスゾウカブト

f:id:hakubutsudo:20170623171837j:plain

f:id:hakubutsudo:20170623170109j:plain

 

マルス

f:id:hakubutsudo:20170623171927j:plain

 

ノゲイラゾウカブト! これはまあまあレアです。サイズも良いです。

f:id:hakubutsudo:20170623171957j:plain

 

これら以外にもいろいろ載せましたので、以下のリンクよりご覧くださいませ。

うみねこ通販昆虫標本甲虫

お拾いものさんの新着品

お拾いものさんの新しい商品がいろいろ入荷しております。

お拾いものさんの作るものは、どれも生き物に対する愛情があふれていて、とても素敵なのです…。

こちらはセミの翅ブローチ。金属と樹脂で、翅の美しさを再現しています。

f:id:hakubutsudo:20170612140944j:plain

羽化したばかりのセミの翅って、本当に美しいんですよね。初夏のころに、夜の公園を歩いてみてください。ため息がでるほど美しい光景が見られると思います。

こちらはアブラゼミ

f:id:hakubutsudo:20170612140958j:plain

アブラゼミも渋くて美しいものですよ。(そういえば店主は昔、アブラゼミの良さを伝えたくてブログに書いたことがありました。)

金具は回転式で、外れにくくなっているのもポイント。

f:id:hakubutsudo:20170612173821j:plain

 

人気のカメムシ目スタンプにも新柄ができました。人気のテングビワハゴロモも。

f:id:hakubutsudo:20170612173848j:plain

 

こういう大きめのはんこも。虫がさまざまにポーズをとって、「マル秘」「OK」「たいへんよくできました」などと言ってくれます。可愛い!

f:id:hakubutsudo:20170612173912j:plain

 

 

 一方、「虫の脚キーホルダー」という謎アイテムもあります(笑)

f:id:hakubutsudo:20170612174341j:plain

虫の脚のかたちというのは、その虫の暮らしぶりを如実に反映しています。機能が形となって現れる面白さがあるのです。

 

お次は紙もの。カメムシ目のもようがみ3枚セット。組み合わせは3パターンあります。これでブックカバーを折ると最高にキュートな本になります。

f:id:hakubutsudo:20170612175159j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175244j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175256j:plain

 

どれもこれも可愛すぎるやないかー!

f:id:hakubutsudo:20170612175321j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175338j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175356j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175406j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612175436j:plain

 

オオミズアオの便箋12枚入り。

f:id:hakubutsudo:20170612141932j:plain

f:id:hakubutsudo:20170612141946j:plain

 

いやー、むし愛にあふれてますねー。

これらの品は、うみねこ通販でもお求めいただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

うみねこ通販:お拾いもの

 

 

 

動物たちの里帰り

今回は日本製の古い陶器のご紹介です。

かつて戦前から戦後にかけ、日本のメーカーは陶製品をせっせと作っては欧米向けに輸出しており、それは大きな産業となっておりました。もちろん普通の食器も多かったのですが、当店が特に好きなのはちょっとした小物類です。

行く先々で見つけては仕入れてしまうので、少しずつ増えてきました。

f:id:hakubutsudo:20170526114818j:plain

 

SPセットと呼ばれる調味料入れ、灰皿、単に置き物として作られたものなど。今見ると変てこで妙な味わいのあるものが多く、絵付けもいい加減だったりして、なかなか愛すべきものたちです。

たとえばこれ。にわとりのSPセットです。

f:id:hakubutsudo:20170526114916j:plain

なぜか上目遣いで、良い表情をしています。

底には「MADE IN OCCUPIED JAPAN」とあり、戦後の統制下に置かれていた時代に作られたものであることがわかります。

f:id:hakubutsudo:20170526115108j:plain

 

ゾウの灰皿。なぜ水玉にしたのか…。底には「MADE IN JAPAN」の印があります。

f:id:hakubutsudo:20170526115158j:plain

f:id:hakubutsudo:20170526115235j:plain

 

こちらは上品で、可愛らしい置き物。赤ちゃんを連れてきたコウノトリです。

f:id:hakubutsudo:20170526115431j:plain

これもオキュパイドジャパン。

f:id:hakubutsudo:20170526115453j:plain

 

可愛い置物いろいろ。

f:id:hakubutsudo:20170526115554j:plain

f:id:hakubutsudo:20170526115620j:plain

 

今回ご紹介したものは、いずれもアメリカに一度輸出された品で、いわば里帰りしてきたものたちです。70年の時を経て再び日本の地を踏むことになった動物たち。次はどんな人たちに貰われてゆくのでしょうか。

 

広告を非表示にする

一周年

明日26日で、うみねこ博物堂は開店一周年を迎えます。

「えっ、まだ一年しか経ってないの!?」というのが、店主の偽らざる気持ちです。これは一体どうしたことだろう。あっという間だったなあ…などという感慨でも抱くかと思っていたのですが。

 

昨年のオープン時の記事。

うわー、お店ガラガラ! ものが少ない!! 今見るとびっくりです。

 

ちなみに、今の店内はこんな感じ。

f:id:hakubutsudo:20170525154559j:plain

 

f:id:hakubutsudo:20170525154619j:plain

 

西荻窪のベビヰドヲルさんからやってきたキャビネット。開店時はスカスカでしたが、今は満員です。

f:id:hakubutsudo:20170525154643j:plain

 

この一年で、どうやらそれなりに商品が増えてきた模様です。この調子で素敵なもの、面白いもの、誰が買うんだか分からないけど思わず手にとってしまう変なもの、などを増やしてゆきます。

 

この一年間、うみねこを支えて下さった皆様に感謝の気持ちを込めまして、明日から28日(日)まで、「スタンプ2倍キャンペーン」を実施いたします。普段スタンプカードはお買い上げ1000円ごとに一つはんこを捺すのですが、この三日間だけは500円で一つ捺します。はんこ30個で1000円ぶんのお買い物券をお渡しするので、かなりお得なキャンペーンになるはずです。このチャンスをどうぞお見逃しなく。皆様のご来店をお待ちしております。

 

広告を非表示にする

ひよこまめ雑貨店の新作

今週末からギャラリーカドッコさんで行われる「魚のいない水族館」展には、ひよこまめ雑貨店とうみねこ博物堂の両名義で出展します。現在鋭意準備中です。

 

ひよこまめ雑貨店は消しゴムはんこを使った紙雑貨を持ってゆきます。

新作はこちら。タコの絵柄の「ぽちかみぶくろ」。高さ約9×幅5cm。

f:id:hakubutsudo:20170504144946j:plain

 

3枚入りです。ヘッダーには紙袋を被った(被せられた)タコがおります。これも消しゴムはんこの手捺しです。

f:id:hakubutsudo:20170504145004j:plain

タコが好きなお友達に、ちょっとしたものをあげるときに使うと喜ばれると思います。

もしお友達がタコ好きでなかったら、タコを好きになってもらってください。

 

こちらも新作。オウムガイのポストカード。

f:id:hakubutsudo:20170504150336j:plain

f:id:hakubutsudo:20170504150353j:plain

いつものように、無駄に細かく彫りこんでおります。火焔模様の筋一本一本の角まで「面取り」するという謎の情熱。もはや消しゴムはんこの手捺しで作る理由がわかりません。ちなみにこのオウムガイの幅は5cmくらい。「イラストを印刷したほうが早いのでは…」と言ってはいけません。

 

新作その3、タコクラゲのぽち袋。異なる色の2枚セットです。

f:id:hakubutsudo:20170504151013j:plain

 

ぽよんぽよんと傘を動かすさまがユーモラスなクラゲです。

f:id:hakubutsudo:20170504151029j:plain

 

こちらは新作ではないのですが、カエルのぽち袋もあります。「水族館がテーマなのにカエル?」という疑問は置いといて。まあ、種類によっては展示されていることもありますしね…。大目に見てください。

f:id:hakubutsudo:20170504152448j:plain

カエルは本当に可愛い。

f:id:hakubutsudo:20170504152502j:plain

 

ケープペンギンのブックカバー。3色セットです。

f:id:hakubutsudo:20170504152618j:plain

 

広げたところ。毛づくろいしたり横になったり、いろんなポーズをしてます。

f:id:hakubutsudo:20170504152720j:plain

 

これらの品は、5月20日から28日まで、西荻窪のギャラリーカドッコさんで販売します。

魅力的な作家さんがたくさん参加する展示です。どうぞお越しくださいませ。

 

 

臨時休業のお知らせ

都合により、5月8日(月)から5月17日(水)まで、臨時のお休みをいただきます。

その間は発送作業もできなくなるため、通販もお休みとなります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

広告を非表示にする

「魚のいない水族館」展に出展します

イベントのお知らせです。

5月20日から28日まで、ギャラリーカドッコさんで行われる「魚のいない水族館」展に参加いたします。詳しくは以下をご覧ください。

geccancadocco第一号は「魚のいない水族館」 - ギャラリーカドッコ 西荻窪の街角の小さなギャラリースペース

f:id:hakubutsudo:20170501185201j:plain

 

海の生き物がテーマの企画展です。「水族館」とはいっても、魚はいません。さて、どんな海の生き物たちが見られるのでしょうか。

 

うみねこ博物堂とひよこまめ雑貨店の両名義で出ます。

うみねこはウニの殻や古物を、ひよまめは消しゴムはんこによる手作りの紙雑貨を持ってゆく予定です。ひよまめの方は久々に新作もお披露目できると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

星製薬のマッチラベル

薬のパッケージやびんを集めているひとたちの間では人気のあるブランド、星製薬。

胃腸薬で知られた会社ですが、全盛期には薬以外にも、さまざまな物品を作っていました。

その中でもかなり謎なアイテムがこちら。マッチラベルです。

f:id:hakubutsudo:20170428162853j:plain

f:id:hakubutsudo:20170428162902j:plain

 

こういう表紙絵がついていました。

f:id:hakubutsudo:20170428165400j:plain

 

もともとは「教育図案参考資料」という名前で、これらのマッチラベルが100枚ほど、ごそっと入った袋詰めでありました。デザイン見本みたいなものだったのでしょうか。その100枚のうち、20枚ずつ小分けにしたのがこれです。実際に星製薬が作っていた商品から、どうも架空のものらしいと思えるもの、また、実在する他企業の図案など、様々な意匠のラベルが混在しています。

いま見るとけっこう可愛いものも。

f:id:hakubutsudo:20170428163236j:plain

f:id:hakubutsudo:20170428163254j:plain

f:id:hakubutsudo:20170428163310j:plain

f:id:hakubutsudo:20170428163322j:plain

 

時代を感じさせるものも。

f:id:hakubutsudo:20170428163340j:plain

 

星製薬コレクターの間でもけっこう希少なアイテムではないでしょうか。

通販サイトに載せましたので、気になる方はお早めにどうぞ。在庫は下記のページに載せた5セットのみ(もっとあったのですが早々に売れてしまいました)。また探さないと。

うみねこ通販:古物>紙もの

 

おくすり博物館にも紹介されています。星製薬ファン垂涎の逸品がたくさん出ていて眼福! ここにあるもの全部欲しい~!

北多摩薬剤師会 おくすり博物館 星製薬

 

以上、ちょっとマニアックな紙もののご紹介でした。