読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙ものが選びやすくなりました

店主が古い紙を際限なく仕入れてくるので、机の引き出しがいっぱいになってきました。これでは見づらい、選びにくい。そこでこんなものを導入しました。武骨なスチール製の書類入れです。ちなみに中古。 どうぞ自由に開け閉めして、お好みの絵柄の紙を探して…

星製薬の缶

店内の隅にひっそりと置かれているのであまり注目されていませんが、見る人が見れば目の色を変えるようなものがございます。それがこちら。 ただの薄汚れた缶…と言われればそれまでですが、星製薬の胃腸薬の販促用什器だったものです。もちろん当時物で、大…

アイスの袋たち

あまり売れないのにガラスばっかり無駄に集めてると言われているうみねこ博物堂ですが、そんなことないですよ! 大丈夫です。最近は紙ものも少しずつ仕入れていますから!(論点のすり替え) 最近のお気に入りはアイスの袋です。ぺらぺらの薄い紙袋で、多く…

モアの頭骨レプリカ

うみねこ博物堂の窓際の棚で、ひと際異彩を放っているモアの骨のレプリカ。少なくとも150年以上前にフランスで作られた年代物です。 椎骨の部分が入荷した時の記事がこちら。 hakubutsudo.hatenablog.com そして先日、ついにご本尊とでも呼ぶべきものがやっ…

WHWブローチ入荷

ドイツの冬季援助活動と、その褒賞品となった小物たちについては以前紹介しました。 hakubutsudo.hatenablog.com その後、鳥や蝶、蛾などのブローチが入ってきましたのでご紹介します。 陶器の鳥たち。 虫たち。 70年以上前のものなので裏側の金具の出来など…

ノスタルジック・クリスマス(1)

11月も終わりに近づき、世間ではクリスマスムードが高まってきました。この時期になると山下達郎やワムやジョンレノンらの声が街にあふれ、うみねこ店主としては前職の繁忙期の記憶がフラッシュバックするので微妙な気持ちになります…。 うみねこ博物堂では…

ブリキの小物

たまには虫とガラスびん以外の古いものも…。 今日はブリキです。 ブリキのおもちゃにはプレミアがついてとんでもなく高価なものもありますが、当店はそうしたものは不得手なので、駄玩具と言ってよさそうな小物ばかりを扱っています。小さくて可愛らしいもの…

古いガラスいろいろ

日本の古いガラス製品がいくつか入荷しています。 金魚のゼリー型。分厚いガラスで、気泡がたくさん入っています。大正~昭和初期のものと思われます。 ガラスの海綿入れ。これも分厚い、とろとろのガラスです。気泡どころか不純物もけっこう入っていて、良…

時代の証人

古物を扱っていると、時代の証人というべきものに出会うことがあります。 例えばこの「WHW」と刻印された小さなハーモニカ。ドイツ製です。 「WHW」とは、Winterhilfswerk(冬季援助活動)の略で、もともと、ワイマール共和政時代に始まった市民活動でした。…

虫っぽい?

チェコ製の古いお菓子の型が届きました。 パンとか葉っぱとか実とか、そういったものを模したデザインだと思います。わりと小さめなのも良い感じです。しかしこの型、どうも虫っぽく見えて仕方がないのです。 これとか。 これなんかどう見ても虫ですよ! ど…

ガラスの独楽

店主は古いガラスびんが大好きですが、こういう小物にも目がありません。 古いガラスのコマです。 サイコロ独楽とでもいうのか、数字が刻まれていて、サイコロのような使い方ができるものが多かったようです。 これは数字のほか、下面に「JAPAN」というエン…

モアの椎骨レプリカ

うみねこ博物堂にあるもののなかで、特に古いものがこちら。 モアの椎骨の石膏製レプリカです。 このレプリカはドイツの某博物館の倉庫から発掘されたもので、発見時の状況から推察すると、フランスのヴェロー商会 Maison Verreauxが製作したものと思われま…

チェコスロヴァキアのマッチラベル

こんばんは。そろそろこのブログ内の「可愛い」という言葉禁止令を出そうかと思っているうみねこ博物堂です。しかし可愛いと言えない場合は代わりに何と言えば良いのか…。可愛いものは可愛いし。良い言葉を募集中です。 さて、今回はチェコスロヴァキアの古…

古い紙もの

日本の古い紙ものがいくつか入荷しましたのでご紹介します。 小さな小さな花札。札の大きさは24×14ミリ。絵柄はちゃんとしていて、遊べます。昭和30年代くらいのもの。 こちらは「魚釣りゲーム」という子供のおもちゃ。昭和20年代くらい。 中には点数の書か…

チェコのガラスボタンが入荷しました

チェコの古いガラスボタンが入荷しました。 長年倉庫で眠っていたためか、だいぶ薄汚れていたので、超音波洗浄機でピカピカにしました。 こんな感じで台紙に留めて売場に出しました。値段は1個100円~300円。欲しいボタンが決まったら、台紙ごとレジまでお持…

古いもの色々

こんばんは。最近は昆虫標本の紹介ばかりだったので、時には古物も取り上げてみたいと思います。 戦前の縫い針。なんて可愛らしいパッケージ! ブリキの空き缶をリサイクルして作られた、小さな金魚の笛。 オシドリの箸置き。微妙な表情ですね…。じわじわく…

可愛い豆本

こんばんは。小物の紹介を紹介するときにはたいてい「可愛い」しか言わないと評判のうみねこ店主です。 うーん、いい年した男が可愛い可愛い言ってると確かに気持ち悪い。 でも仕方ないじゃん、本当に可愛いんだもの。(じゃんって言うな) さて、恐ろしく内…

小鳥用

可愛らしい陶器が入荷しました。 小鳥の飼育に使う餌入れ(もしくは水入れ)です。直径は5cmくらい。器の後方に穴の開いたでっぱりがあり、棒を通すことで鳥かごの格子に固定できるようになっています。 昭和20年代くらいのもののようです。こういう「The☆雑…

エンボスが好き(1)

エンボスのあるびんが、ぽつぽつ入荷しております。 ガラスびんマニアは、総じてエンボスのあるびんが大好きです。古いびんを見つけると、文字や模様が刻まれていないかをまず確認するくらいです。 店主もご多分に漏れずエンボスバカなので、ついついそんな…

マッチラベル有り〼

明治時代のマッチラベルがたくさん入荷しました。1枚300円から。 大箱のお徳用マッチはラベルも大きく、絵柄も立派なのがあります。 いずれも日本製で、主に海外への輸出用として製造されていたものです。生き物の絵柄を中心に揃えています。 ツバメ。 ウズ…

ガラスびん売場

今朝、ふと思い立って、ガラスびんを色ごとに並べてみました。 青いびん。 透明。 アクア。本来のガラスの色。 紫や緑。 茶びん。 茶色いびんはあまり人気がなく、ディギングで出ても、「ちぇ、また茶色か…」とかなんとか言われて放られてしまうことも多い、…

蝶の箸置き

蝶の形をした箸置き。4個あります。1個500円。 顔をよく見てみましょう。 笑ってる。 君はチョウの顔じゃないね。きっとスズメだね。 可愛いチョウの箸置きでした。 入って正面の、白いキャビネットの中に収まっています。 売り切れてしまった際はご容赦くだ…

博物画追加しました

開店してからおよそ二週間が経ち、徐々に品薄のものも出てきました。中でも古い博物画は人気で、一時売場がずいぶん寂しくなってしまったので、本日16枚ほど投入しました。 店主お気に入りの一枚はこちら。エナガとシジュウカラの図版。 絵の下には学名では…

可愛い洗眼器

色々とおかしなものを並べているうみねこ博物堂ですが、お客様に「これ何?」と尋ねられることの多いものがこちらです。古いガラス製品を集めている方なら、骨董市などで見かけたことがあると思います。 主に欧米で使われていた洗眼器です。あちらではEye ba…

古いもの

うみねこ博物堂の、古物屋としての面。 昨日アップしたキャビネットの上段には、こういうものが入っています。 昼間は日差しに透かして見るのが楽しい窓際の棚。暗くなってからはスポットライトを当てます。これはこれで、良いものです。 地震が怖くて、つい…

博物画いろいろ

オープンの日が迫ってまいりました。店舗の準備もいよいよ大詰めです。 なんだかんだで間に合わなかったことも多く、お客様にはたいへん申し訳ないのですが、そこは開店後に順次進めていくということで…ご容赦いただければ幸いです。 さて商品紹介です。 う…

ドイツの学校から

準備中のお店の壁を飾っている、ちょっと大きめの掛けもの(洋風の)。古そう。 かつてヨーロッパの学校で教材として使われていたものです。Insect, Insecte, Insecto, Insektと、4か国語で書かれています。それぞれ英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語…

日本の古いもの

こういうのも用意しています。 日本の古いものたち。 昔懐かしいもの…といっても、これらが使われていたのは私が生まれるはるか前です。なので、リアルに懐かしいのかと問われると困るのですが、こういう古いこまごまとしたものたちは大好きなのです。もしタ…

蚤の市より(1)

こんばんは。「もうオープンしてるの?」というお言葉をあちこちで掛けられているうみねこ博物堂です。 すみません、まだなんです…。 オープンは来月末を予定しております。間に合うのか? さて、うみねこ博物堂は、古物屋という側面も持っています。 アンテ…

ガラスびん仕入れ中

オープンまでひと月ちょっとしかないことに戦慄を禁じ得ないうみねこ博物堂です。開店の準備は順調に遅れています。来月の後半はゾンビ状態間違いなしです…。 什器作りは八割がた終わり、今は商品の仕入れに本腰を入れ始めています。そして、どこに何をどう…

古物商になりました

じゃーん。 念願の古物商営業の認可を取得しました。これからアンティークを仕入れたり販売するためには欠かせないものです。これで大好きな古いものを扱えます。やったね! 認可されたのがこんな日にちなんですが、ネタではありません。 …本物ですからね!