読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モアの椎骨レプリカ

古物 標本

うみねこ博物堂にあるもののなかで、特に古いものがこちら。

モアの椎骨の石膏製レプリカです。

f:id:hakubutsudo:20160925112210j:plain

このレプリカはドイツの某博物館の倉庫から発掘されたもので、発見時の状況から推察すると、フランスのヴェロー商会 Maison Verreauxが製作したものと思われます。ヴェロー商会が廃業したのは1850~1860年代と言われているので、少なくともこのレプリカは150年以上前の年代物と言えそうです(台座とラベルは後付けです)。

今から数年前、博物館の収蔵品整理の際、廃棄されそうになっていたこれらの品が救い出され、巡り巡ってうみねこにやってきたのです。

 

モア(類)はかつてニュージーランドに生息していた巨大な鳥です。6属10種が知られており、どの種も羽は完全に退化して飛ぶことができませんでした。マオリ族が上陸してからは急速に数を減らし、1500年代頃には絶滅したと言われています。 

モア - Wikipedia

ジャイアントモア - Wikipedia

f:id:hakubutsudo:20160924175027j:plain

画像はwikipediaより

 

この石膏レプリカ、全身ぶんで高さ3メートル近くになる展示品だったそうで、一つひとつの椎骨もそれなりの大きさがあります。こんなでっかい鳥が地上を闊歩していた時代があったのです。

これの椎骨は高さ7cmほど(台座含まず)。

f:id:hakubutsudo:20160925121156j:plain

 

これは高さ11cm。

f:id:hakubutsudo:20160925121215j:plain

 

これは13cmくらいです。

f:id:hakubutsudo:20160925121245j:plain

 

石膏なので重量感もあり、例えば本棚などに置いておくとかなりの存在感があります。

謎めいた巨大な鳥が姿を消して久しく、この石膏型も過去の遺物ではありますが、かつて地上に存在した巨鳥に思いを馳せるためのよすがとして、ひとつお手元に置いてみてはいかがでしょうか。

 

追記:うみねこ通販にも登録しました。こちらからご覧ください。